小泉環境大臣と福島を訪問(大阪18区、岸和田、和泉、泉大津、高石、忠岡)

 4月17日土曜日、小泉進次郎環境大臣と共に、ALPS処理水の海洋放出に関する環境省としての取り組みのご説明を目的として、福島第一原発の所在する双葉町・大熊町・福島県にお伺いしました。町長さん知事さんから色々なご要望とご意見をいただきました。ありがとうございました。

 環境省は現在、海洋でのモニタリングはセシウムを行なっていますが、今後合わせてトリチウムのモニタリングを放出予定の一年前から始めます。

 環境省としてはお聞きしましたご意見を参考に、透明性・客感性・信頼性を持ってモニタリングを行っていく所存です。これからも多方面からご意見を引き続きお伺いして参ります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL