連続立体交差事業で国土交通副大臣に要望(大阪18区、岸和田、和泉、泉大津、高石、忠岡町)

11月11日、自民党の大阪府選出議員有志と田中清剛大阪府副知事、阪口伸六高石市長などで国土交通省を訪れ、大西英男国土交通副大臣に連続立体交差事業に対する予算要望をおこないました。

連続立体交差事業は、交通渋滞の解消や列車事故の軽減はもとより、防災面においても非常に重要です。
特に私の地元高石市では、南海本線羽衣駅から高石駅付近の高架化工事が、令和7年度完成予定で工事を行われていることから、引き続き必要な予算配分を行って頂くことは必要不可欠です。

幸い大西副大臣は理解を示して下さいましたので、年末に行われる財務省との予算折衝に期待したいところです。
引き続き地元の利便性向上と安全安心な街づくりのために尽力して参る所存です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL