福島第1原発を視察(大阪18区、岸和田、和泉、泉大津、高石、忠岡町)

10月2日、福島第1原子力発電所の視察を堀内詔子環境副大臣と行いました。

東京電力の小野常務執行役(福島第1廃炉推進カンパニー・プレジデント)のご案内のもと、多核種除去設備や1~4号機建屋の外観俯瞰、共用プール、処理水(写真参照)などを約70分にわたって視察、その他質疑応答と意見交換等行いました。

第1原発の廃炉作業は着実に進んでいるとはいえ、未だその傷跡が 見て取れるのも事実です。原子力担当政務官として改めて身の引き締まる思いです。

一日も早い廃炉工事の完了と、福島をはじめとする被害にあった周辺各県の復興のために微力ながら尽力していきたいと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL