緊急防災対応で武田防災大臣に申し入れ

2月14日、大阪府連の仲間たちと「緊急防災・減災事業債」の期間延長と充実強化について、武田良太防災担当大臣に申し入れを行いました。武田大臣とは同じ二階派です。

大規模災害時の防災・減災対策のために必要な施設整備などに活用できる「緊急防災・減殺事業債」は、近年頻発する大規模災害から府民・市民の安全と安心を守るため、大阪府内各自治体において積極的に活用されているところです。

武田大臣は、同事業債の重要性にはすでに理解を示しており、非常に前向きに捉えてくださいました。

近年中には南海トラフ巨大地震が起こる可能性があるため、今から地方自治体をはじめとして、「その時の備え」が必要です。

大阪府民の安全安心を守るために、我々大阪自民党は一丸となって、防災減災対策を前に進めてまいります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL