農業農村の整備で要望

11月11日、大阪土地改良事業団体連合会(会長:若林主治)及び大阪府の方々と財務省及び農林水産省を訪れて、大阪の農業農村整備を要望致しました。

財務省では国家予算編成の責任者である太田充主計局長、農林水産省では農村整備の担当である牧元幸司農村振興局長、奥田透農村振興局次長、安部伸治農村振興局整備部長がそれぞれ対応してくださいました。

大阪都市農業は発展方向にありますが、去年の台風21号に代表されるように昨今の自然災害が規模を増していることから、防災減災対策等の推進をはじめとして、成長産業としての農業の基盤整備のための予算確保をお願いしました。

 

私も今国会から衆議院農林水産委員となりましたので、今まで以上に大阪都市農業発展のために汗をかいて行きたいと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL