クルーズ船で泉州復活 観光泉州めざして

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

近年ブームとなっているクルーズ船に注目して、堺・泉州地域の経済振興、活性化をはかる取り組みが動き出しています。クルーズ船は宿泊施設をもともと備えているため、寄港地にホテルがなくても受け入れ可能、観光や買い物の面で外国人客に魅力的なメニューを用意できれば、来てもらえるのがメリットです。

クルーズ船の寄港データを見ると、昨年は博多が259だったのに、大阪は21と大きな差がついています。このため、堺・泉州各港へのクルーズ船誘致に向けての勉強会が、2月24日、堺市で行われました。勉強会には、国、大阪府とともに、泉州9市4町の行政関係者、商工関係者が参加しました。

これからのクルーズ船誘致に向け具体的にどうすべきか、地元としてどう受け皿を作っていくかなど活発な意見交換が行われました。

かみたに昇は泉州へのクルーズ船誘致を積極的に進めて参ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

.entry-utility, .entry-meta { display: none; }