信号機設置を実現 山直中町会の切望秋にも

岸和田市山直中町の町会から強い要望が出ていた信号機設置が今秋にも実現することが決まりました。

交通事故が多発する交差点として、岸和田市山直中町町内会から設置の要望が出されていた通学路の信号機が、この秋にも工事着手されることが決まりました。町内会の要望を受けて、かみたに昇が、岸和田警察などに住民の皆様と共に、強い要望としてお願いした結果、府警の28年度予算に組み込まれました。

府道春木岸和田線と市道山直中福田線との交差点で、交通事故が多発しておりました。一部は通学路にもあたることから、住民から信号機設置の強い要望が出ていました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

.entry-utility, .entry-meta { display: none; }